#063 感情表現用のアイコンを作ってみる①

イラスト関連
イラスト関連

イントロダクション

師匠達が戻ってくるまで予定ではあと2日ほどあるので、今回から2回に渡って『感情アイコン』の方を作成していこうと思います。

ちなみに、感情アイコンというのは↓下記フリー素材みたいなキャラに解りやすく感情表現をさせる事ができるアイコンの事を言います。通称『漫符』とも呼称されるみたいですが。

別にフリー素材をそのまんま使用しても良いような気がしますけど、『感情アイコン作成』と師匠が残していったカリキュラムに書いてあるので、休養がてらボチボチ作っていこうと思います。

こちらが出来れば、アイキャッチに使っているキャラ達にアイコンを付与する事もできましね。

とりあえず、今日の目標は5~6個くらい完成できれば御の字といった所でしょう。

感情アイコンを作成してみる

じゃあ、さっそく作っていきましょう。

……と、言いたい所ですが、いったい何を作って良いのか解らなかったりするので、適当なアニメでも見ながら使い勝手が良さそうなやつを選んで似たようなやつを作成していこうと思います。

とりあえず解像度の方は500×500pixelの350dpiもあれば充分でしょうかね。

まずは、びっくりした時に使うようなアイコンを作ってみました。作成時間は5分程度でしたが、作る素材を決めるのに15分ほどかかったのは秘密です。

某アニメで使われてたやつを真似てみましたが、あんまり似ませんでした。

次はデカい汗です。キャラの頭のあたりに表示させると、何となく困ったような感じにさせる事が出来ます。

この雫状の物体を作るのに何度かペンタブで描き直しましたが、最終的に図形ツールでやった方が綺麗にできる事に気付きました。

お次は怒りマークですね。多分、血管をイメージしたアイコンなんだと思います。

キャラのこめかみあたりに表示させると怒ったような感じにできます。

次は何か怒った時にキャラの顔の横あたりに出てくる雷?みたいなアイコンです。

何をモチーフに作られたのかよく解りませんが、とりあえず怒った感情の時にでも怒りマークと一緒に使ってみようと思います。

本日最後は……何かに気付いた時とか、喜んでいる時とかに使われている謎のアイコンです。

これは本気で何をモチーフにしているのか理解不能ですね。

予測としては光とか電球とかをイメージしているような気がしますが。

確証はありません。

ってな訳で、今回作ってみた感情アイコンを全部盛りにしたのが↑上記画像です。

盛り過ぎて、もはや意味不明な状態と化していますが、一応こんな感じで使用するという事でサンプルがてら作ってみました。

既に1.5時間以上制作作業をしていますので、休養日という事もあり、今日はここまでにさせて頂いて次回も5~6個くらい感情アイコンの方を作っていこうと思います。

神音
神音

では、本日もお疲れ様でした。

今回の経費&記事作成時間

今回の記事作成時間

約3時間(感情アイコン作成作業込み)

う~ん。今まで全然気にしたことがありませんでしたが、感情アイコンというのも沢山の種類があるものですね。

誰が発明したのか解りませんが、なかなか画期的な表現方法だと思います。

ブログを始めてから、こういった普段全然気にしていなかった事にも気付けるので新たな発見をすることが多いです。

では、恒例の累計出費&記事作成時間を発表して今回は終わりにしましょう。

最後まで読んでくださった方はありがとうございました。

現在までの総制作時間&累計支出

総制作時間:約232時間 / 累計支出:17,080円

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました