YouTube用のリアル頭身の立ち絵作成⑤試作13号~15号まで

YouTube用のリアル頭身の立ち絵作成⑤試作13号~15号まで 神音の社立ち絵作成記録
立ち絵作成記録

イントロダクション

一応、今回が私の相方キャラの基本デザイン編最終回となります。

非常に長かったですが、ようやく師匠達のOKが出ました。

ただ、この後に本番用の立ち絵を作らないといけないので、作業工程的には全体の半分くらいしか進んでいないのが悲しい所ではありますね。

う~ん。予定では今ぐらいの時期には本番用の立ち絵が8割くらいは完成している筈だったんですけど、裏で地味に風邪ひいて数日間寝込んだりもしてましたので、大幅に計画に遅れが出ている状況です。

多分、また10日間くらいブログ更新と動画作成を停止して、立ち絵製作作業をやらないといけなくなるような気がしますが、御了承願います。

↑これまでの立ち絵作成記事はこちらですので、お時間のある方は読んでいって下さいませ。

↑ちなみに前回の記事での最終形態がコレなんですが、デザインが複雑すぎて特に腕の差分を作るのが大変そうという事でお蔵入りになっちゃったんですよね。

ってな訳で、今回は前回よりも更に簡略化していこうというコンセプトでやっていこうと思います。

相変わらずそんなに長い記事にはなりませんが、良ければ読んでいって下さいませ。

宜しくお願い致します。

リアル頭身の立ち絵作成⑤試作13号~15号まで

色々と考えた結果、このまま手直しを続けるよりも、いっそゼロから作り直した方が良いものを作れるような気がしたので試作12号を下絵にして描き直す事にしました。

まあ、手直しをするのも飽きてきたので、丁度いいい気分転換になるだろうと思って気軽に始めたんですが、結構な茨の道でしたわ。

↑そういう訳で、こちらが約10時間かけてほぼ全部作り直した試作13号となります。

何回もパーツを作り直してバランス調整したので、シンプルなのに結構手間がかかっています。

色々と左右非対称な部分がありますが、デザイン黎明期という事で気にしないで下さい。

かなり簡略化して余計な装飾品を排除しましたので、腕の差分なんかは随分と作りやすくはなったような気がします。

↑こちらが13号を全体的にブラッシュアップした試作14号となります。

ここまできてようやく師匠達からOKが出ました。

これだけシンプル化すれば実用に耐えられるだろうという判断らしいです。

……そういう訳で、本番用の立ち絵はこの14号を元にして作る事になりました。

↑一応、重装型の試作15号も作ってみたんですけど、こちらはデザインが面倒臭いので大体の基本的な差分が揃った後に時間があったら似たようなものを実装してみようという話になっております。

まあ、私の性格からすると、その頃には全然違うデザインのものを作っている可能性が非常に高いと思いますけどね。

ってな訳で、私の相方キャラの基本デザイン編は今回で終了となります。

まさか、デザインを決めるだけでここまで時間がかかるとは思いませんでしたが、この苦行を通して多少は画力が上がったような気がするので結果オーライという事にしておきましょう。

では、本日はここまで。

次回からは本番用の立ち絵の素体作成に入ると思います。

お疲れ様でした。

他の立ち絵作成記録の記事はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

今回の記事作成時間&経費&日記

今回の記事作成時間&支出

記事作成時間:約23時間
(イラスト作成20時間含む)

地獄の立ち絵作成も全工程の半分以上は消化しましたが、肝心の本番用の立ち絵の方はあんまり進捗がありません。

……というか、まとまった時間が取れないのが原因だったりするんですけどね。

最近はスマホゲーを卒業して、ムチャクチャ暇を持て余していた頃の時間を今ここに持ってこれないだろうかと非現実的な事を考え始める始末ですわ。

あの頃はやる事なくて特に意味もなく日々を過ごしていましたが、1年かそこら後にここまで多忙になるとは思いもしませんでした。

まあ、ボケ~っと生きているよりは有意義な気がするので良しとしましょう。

では、恒例の累計出費&記事作成時間を発表していきますね。

お時間のある方は次項も読んでいって下さいませ。

現在までの総制作時間&累計支出

総制作時間:約1165時間
累計支出:47,082円

スポンサーリンク

本日のオススメ商品『USB扇風機』!!!

これを書いている時点で2021年の6月初旬なんですが、異常に暑いです。まだ梅雨前なのに30度近い気温とか意味が解りません。

と、いう訳で今回ご紹介する商品は『USB扇風機』です。

USB給電式の小型扇風機は持ち運びもしやすいので、ノートPCのお供にでも如何でしょうか?

USBポートがあれば車内でもサーキュレーターとして使えますし、モバイルバッテリーと繋げば屋外でも使用可能です。キャンプとかでも利用できるかも知れません。

↑こういうアダプターと併用すれば、コンセントでも使えます。

まあ、難点は小さいだけあって出力が通常サイズの扇風機よりも低い事ですね。単体だとそんなに威力がないのでピンポイントで風を当てたい所とかに使用する感じになります。

興味のある方は↓リンク先より購入して頂けると大変ありがたいです。

ご購入の検討をお願い致します。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました