【AviUtl】レンズフレアを使ったシーンチェンジの作り方

【AviUtl】レンズフレアを使ったシーンチェンジの作り方 神音の社AviUtl関連
AviUtl関連

イントロダクション

今回はAviUtlの標準機能であるカスタムオブジェクトの『フレア』を使ったシーンチェンジのようなものを作っていこうと思います。

↑こういう風に光球が通過するようなシーンチェンジですね。

単純ですけど、カッコイイ演出ですわね。

作り方も簡単なのでオススメです。

先日、某MADを見ていたら似たような表現をしているものがあったので、見様見真似で試してみたらそれっぽいのが出来た感じです。

まあ、何かで使えるような気もしますので作成方法を記述していきましょう。

そんなに長い記事にはなりませんが、興味のある方は読んでいって下さいませ。

宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

レンズフレアを使ったシーンチェンジの作り方

今回はAviUtlの標準機能の『フレア』しか使用しませんから、外部スクリプトの導入とかは必要ありませんので、さっそく作成方法を記述していこうと思います。

手順①AviUtlを起動して新規プロジェクトを作ります。画像サイズは1920×1080で作成する事にします。

手順②レイヤー2にカスタムオブジェクトを生成します。

↑タイムライン上のオブジェクトが何もない場所で右クリック→『メディアオブジェクトの追加』→『カスタムオブジェクト』を選択して下さい。

タイムライン上にカスタムオブジェクトが生成されますので、レイヤー2に配置して下さい。

オブジェクトの長さは1秒にしています。

手順③レイヤー2のカスタムオブジェクトのパラメーターを変更します。

↑カスタムオブジェクトの種類を『レンズフレア』に変更し、各種パラメーターを上記のように変更して下さい。

↑X、Yの移動形式は『直線移動』にしています。

手順④レイヤー1に何でも良いので背景画像を2枚入れます。

既に手順③まででレンズフレアのシーンチェンジ自体は完成してますが、ついでなのでサンプルがてら画像を入れてみましょう。

↑私の場合は適当に上記のフリーの猫画像を2枚使ってみますが、好きな画像を使用して下さい。

↑画像をそれぞれ1.5秒くらいの長さにしてレイヤー1に並べ、レイヤー2のレンズフレアを中央付近に配置すれば終了です。

通常のシーンチェンジと基本的な使い方は一緒ですね。

↑完成するとこんな感じになります。

って事で、これを毎回作るのも面倒臭いので『エイリアス』に保存して他の動画でも呼び出せるようにしておきましょう。

↑エイリアスへの保存方法&呼び出し方法に関しては上記の記事を参照して下さい。

以上です。

何かに使えたら使ってみて下さいませ。

では、本日はここまで。

お疲れ様でした。

スポンサーリンク

今回の経費&日記&記事作成時間

今回の記事作成時間&支出

記事作成時間:約3時間

今日はプライベートが忙しかったので短めの記事になりました。

実は帰宅したら玄関のインターホンが壊れていまして。

どのボタンを押しても全然動かなくなっちゃったんですよねー。

このブログを始めるちょっと前くらいに、インターホンは師匠監修の元で自分で交換したばかりだったので、そんなに簡単に壊れる物だろうかと、ダメ元で分解する事にしてみました。

内部構造的に本体は壊れてなさそうだったので、試しに師匠が以前にテスト用として持ってきた短いケーブルで親機と子機を繋げてみたら――

なんと、普通に動きました。

つまり、家の内部にあるケーブルのどこかが断線しているのが原因っぽいんですけど……流石に家の内部を這い回っているケーブルを個人で交換は難しいので、あとで業者を呼んでやってもらおうかと考えております。

……結局、数時間ほどインターホンをいじくってた時間が無駄になりましたけど、それも人生だと思って受け入れましょう。

では、恒例の累計出費&記事作成時間を発表していきますか。

お時間のある方は次項も読んでいって下さいませ。

現在までの総制作時間&累計支出

総制作時間:約1467時間
累計支出:58,882円

スポンサーリンク

本日のオススメ商品『ぐらんぶる』!!!

今回ご紹介する商品は、私の姉弟子オススメの映画『ぐらんぶる』です。

同名の漫画を原作にした2020年公開の実写版の映画ですね。

離島という名の半分監獄みたいな場所にある大学に入学した主人公達が、変人筋肉集団のダイビングサークルと出会い、波乱万丈な日々を送るといった内容となっております。

戦隊ヒーローと仮面ライダーを演じた人達が主演みたいなんですけど、よくこの役をやる気になったものだと感心しました。

なんせ、主人公の二人の男性が大体『』という、かなり斬新な映画ですからね。

ほぼ全編ギャグなので、笑いを求めたい人にはオススメですが……

正直かなり見る人を選ぶ映画だとは思います。

ちなみに、登場人物の大学一年生がみんな20歳なのは飲酒シーンが大量にあるからっぽいですね。(地味に全員浪人とかしている設定になっております)

漫画とは全然違う設定らしいので、原作とは別物と考えた方が良いでしょう。

個人的には、結構おもしろい作品でしたので見てみても損はないと思いますよ。


↑U-NEXTあたりにトライアル登録すれば無料で1ヶ月ほど視聴できますので、興味のある方は見てみるのもいいと思います。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました