AviUtlで手軽にスモーク(煙)を作る方法

AviUtlで手軽にスモーク(煙)を作る方法 神音の社AviUtl関連
AviUtl関連

イントロダクション

今回はAviUtlでスモークという名の『』を簡単に作る方法を記述していこうと思います。

↑要するに、こんな感じの動画を作ろうという訳ですね。

まあ、色々と作成方法はあるんですが、今回は外部スクリプトを使います。

使い方が独特ですけど慣れると色んな形の煙を発生させる事が出来るようになりますので、覚えておいても損はないと思いますよ。

かなり重いエフェクトなので出力する時に相当な時間がかかるのが難点ですが。

良ければ読んでいって下さいませ。

手軽にスモークを作る方法

使用する外部スクリプトの導入


まずは必要なスクリプトをダウンロードしてきましょう。

↑こちらからスクリプトをDLしてきてください。

解凍すると『@スモーク.obj』というファイルが入ってますので、それをAviUtlフォルダ内の『script』フォルダに入れれば導入完了です。
※scriptフォルダがない場合は新規作成して下さい。

基本的なスモークの作り方


①AviUtlを起動して新規プロジェクトを作りましょう。画像サイズはとりあえず私の場合は1920×1080で作成する事にします。

②カスタムオブジェクトを作ります。タイムライン上で右クリック→『メディアオブジェクトの追加』→『カスタムオブジェクト』を選択して下さい。

③↑カスタムオブジェクトの種類を『スモーク@演出小物』に変更して下さい。『基準点の表示』にチェックを入れるとメインウィンドウに4つのアンカーが現れます。

④↑赤いアンカーが煙の始点で青いアンカーが煙の終点となります。この4つの点をドラッグして移動させる事で動きを決める訳ですね。

⑤始点の赤アンカーを右に、終点の青アンカーを左にドラッグして動かし、パラメーターを適当に調整するとこんな感じのスモークが発生するようになると思います。この辺は各々のセンスもありますので自分で作りたい動きを作ってみて下さい。

主要パラメーターの詳細

↑メインパラメーターの詳細はスクリプトの配布ページの動画にも書かれていますが、備忘録がてら当ブログにも記述しておきます。

発生頻度』は煙の密度を表しており、数値を上げると濃い煙になります。

移動速度』はその名の通り煙の移動速度を表しており、数値を上げると速く動きます。

消滅速度』は煙の消失点です。-1だと消えませんが50くらいに設定すると赤と青のアンカーの真ん中あたりでフェードして消えていきます。

↑設定ダイアログの『設定』ボタンを押すと出てくる『パラメータ設定』がこちらです。とりあえず、使いそうなパラメータだけ説明していこうと思います。

最終地点で収束』にチェックを入れると途中で煙の出力が止まって、青アンカーで設定した場所に収束しながら消えていきます。チェックを入れないとずっと煙が出力され続けます。

始点を定める』にチェックを入れると赤アンカーがある場所から煙が出力されるようになります。チェックを入れなかった場合は、赤アンカーがある地点の延長線上の画面外から出力されますので、食べ物なんかの湯気を再現したい場合なんかはチェックした方が良いと思います。

加速度』は始点から終点に到達するまでの移動加速度です。終点に近づくにつれ、徐々に動きが速くなっていきます。数値を上げると速度が上がります。

変化速度』は煙のパーティクルの動きの速さです。数値を上げると激しく動きます。

ノイズ強さ』は煙の濃度を変化させます。上限は200までですが数値を上げると徐々に煙が濃くなっていきます。

ノイズタイプ』は煙の質感を変える事が出来ます。1~6までの6タイプ存在していますので好きな質感に変えて下さい。

まあ、他にもパラメーターはありますが、個人的にそんなに使わないような気がしますので省略します。気になる方は弄ってみて下さい。

まとめ


って事で、ざっくりですがAviUtlでスモークを作る方法でした。

↑私の場合はメッセージウィンドウの背後の賑やかしにでも使おうと思いましたが、思ったよりもエフェクトが重いので実用化するかどうかは思案中です。

↑写真や動画に疑似的な湯気も付加できますので、汎用性は高いです。

難点は処理が重い事とスクリプトに『揺らぎ』のパラメーターがないので、線香の煙みたいな立ちのぼるスモークは作り難い事ですね。

とはいえ、手軽に色々な煙を作れますのでこだわりがなければ使えるエフェクトだと思います。

では、本日はここまで。

お疲れ様でした。

今回の経費&記事作成時間

今回の記事作成時間&支出

記事作成時間:約4時間

本来なら12作目の動画を作らなければいけない所なんですが、題材となる都市伝説がまだ決まってないので作成に着手できない状況だったりします。

都市伝説シリーズに関しては今まで私の先生が題材を決めてくれていたのですが、ちょっとした野暮用で出かけていて暫く不在なんですよねー。

仕方がないので最後の題材は私と師匠達で決めようかと思います。

う~ん、なるべく話が短いやつがいいんですけど、あんまりにも短すぎても動画にしにくいので適度な長さのやつを探してみる事にします。

では、恒例の累計出費&記事作成時間を発表しましょう。

お時間のある方は次項も読んでいって下さいませ。

現在までの総制作時間&累計支出

総制作時間:約968時間
累計支出:47,082円

本日のオススメ商品!!!

今回ご紹介するのは姉弟子お薦めの漫画『謎のあの店』です。


メチャクチャ人を選ぶ漫画ですが、刺さる人には刺さる漫画です。

内容的には主人公が『気にはなるけど、なかなか入れない怪しげな店』に突撃して紹介していくというエッセイみたいな感じの話となるみたいですね。

基本的に1話で完結する短編をまとめたオムニバス形式なので、暇な時なんかには読みやすい漫画だと思います。

ちなみに、私も少しだけ読んでみましたが……絵は素人の私から見ても下手です。まあ、わざとそういう風に描いているのかも知れませんけど。

主人公の顔とか髪すら存在しないあからさまな手抜きですし、綺麗な絵じゃないと嫌だという人には正直お薦めできません。

ただ、ストーリーに関しては謎の店の実態が書かれていたりして結構面白いです。

若干、読み難いコマ割りですけど、個人的には絵が綺麗だけど中身が全くない漫画を読むよりは有意義な気がしますね。

全3巻で完結していますので、割とすぐに読み終わると思います。興味のある方は↓こちらより購入して頂けると大変ありがたいです。

宜しければ、ご購入の検討をお願い致します。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました