100均の材料で撮影ボックスを作ってみる

雑記
雑記

イントロダクション

今回は2作目の動画作成にあたって、何か適当な品をレビューしてみるという事になりましたので、写真を撮るのに撮影ボックスとやらを作る事になりました。

まあ、ぶっちゃけ上記のような正規の撮影ボックスを買った方が早いんですけど、当ブログの縛り内容的に、あんまりお金をかけられないので100均で材料を買ってきて作る事になりました。

今までの人生で特に写真に興味がなかったので、撮影ボックスという存在自体を最近知ったんですけど、師匠達の話ではこれを使って写真を撮った方が色々と編集ソフトで加工もしやすくなるし、見た目の出来もよくなるそうです。

と、いう事で早速材料をダイソーから買ってこようと思います。

ダイソーの材料で撮影ボックスを作ってみる

って事で、明日の朝食を購入するついでにダイソーから色々と材料を購入してきました。

なんと1000円以下!100均素材でプラモデル用撮影ブースを作ってみた!【ダイソー】

ちなみに、製作方法は↑上記YouTubeの動画を参考にしております。

では、今回購入してきた材料の方を紹介していきますね。

まずはこちら。↑フリーマルチパネル(5枚)です。

本来なら写真のパッケージのように組み立ててラックとして使うものらしいですが、今回は撮影ボックスの外壁として使用します。

合計で550円しました。

↑お次はワイヤーネット用の連結ジョイントです。

本来なら参考用動画内で使用されていた完全固定用の連結ジョイントを使った方が良いような気がしますが、売り切れてましたのでこちらにしました。

ちなみに幾つ使うのか解らなかったので2セット買いましたが、今回の構成だと1セットで足りましたので無駄な出費をしてしまったのは内緒です。

合計で220円でした。

↑次は背景用のフェルトになります。本当は模造紙を使った方が良いようですが売り切れていたので似たようなものだろうという事でこれを買ってきました。

使ってみて駄目そうなら、あとで違う店舗のダイソーで模造紙を探してきます。

こちらは110円です。

次は照明用のランタンです。写真を撮る前にパッケージを外してしまったので剥き出しとなっていますが気にしないで下さい。

ランタンモードとライトモードがあるようですが、撮影ボックスで使う時はランタンモードで使用します。110円とは思えないくらい明るくてビックリしましたわ。

本当なら全部で3つ必要らしいんですけど、1個しか売ってなかったので後で代用品を探してくるとしましょう。

こちらは本体は110円ですが、単三電池が3本いるので合計220円となります。4本入りの電池だったので1本余りましたけど。

最後は結束バンドとなりますね。こちらは数年前に何かで使って余ってたやつなので購入したやつではありませんが、一応載せておきます。

ちなみにこれは普通の結束バンドと違って、何度でも外せる仕様となっておりますので頻繁に分解するものには有効な品だったりします。

今回これを使ったのは撮影ボックスを折り畳める仕様にする為ですね。

ぶっちゃけ、結構デカいので邪魔ですし。

って事で、10分くらいで一応組み立ててみたのが↑こちらになります。

ちょっとグネグネしてますが、それなりに強度もあるようでしっかりとした作りです。上に3キロくらいの重量物を置いても安定しております。

じゃあ、これに背景用の黒いフェルトを敷いてサンプル用の写真を撮ってみましょう。

↑こちらがサンプルで適当に撮ってみたものとなります。ちなみに被写体は師匠に昔もらったゲーセンの景品のよく解らないドラゴンです。

う~ん。あんまり写真を撮らない人間なので撮影ボックスの効果がよく解らなかったりしますが、きっとないよりはマシなんだと思います。

まあ、今の所は光源が一つしかない不完全版のボックスなので、ぼちぼち改良していきましょう。今回のは試作みたいなものですからね。

と、いう訳で今回はベースとなる撮影ボックスを作成したという事で、ここまでにしたいと思います。

神音
神音

お疲れ様でした。

今回の経費&記事作成時間

今回の記事作成時間&支出

記事作成時間:約3時間(撮影ボックス作成時間含む)
支出:1,100 円(撮影ボックス代)

今回はボイスロイドを購入して以来の出費となりましたね。

あまりにも久し振りすぎて支出の欄を書き足すのを忘れてたりしました。師匠達に指摘されなかったら支出を計上せずに進行する所でしたわ。

これから、ちょいちょい支出が増えていく予定となっておりますが、ブログの収益の方は相変わらずゼロに近かったりするので地味に状況が厳しくなっていく今日この頃。

では、恒例の累計出費&記事作成時間を発表して今回は終わりにしましょう。

最後まで読んでくださった方はありがとうございました。

現在までの総制作時間&累計支出

総制作時間:約417時間 / 累計支出:44,140円

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました