#069 PSDToolKitを導入する②

動画関連
動画関連

イントロダクション

さて、今回も前回の記事から引き続きPSDToolKitの設定やら操作方法やらのラーニングをしていこうと思います。

↑前回までで一応の導入までは終わりましたが、使い方についてはほぼ何にも解っていない状態ですので、なるべく早く習得したいですね。

まあ、参考動画があと5つ残っている時点で今日中の習得は無理だと思いますが。

そもそも、このPSDToolKit。本来なら動画編集の経験値が中級者以上の人向けの高難度プラグインみたいなので、数日程度しかAviUtlを触っていない私がやる事自体が時期尚早な気がしてならないんですけどね……

まあ、とりあえず頑張ってみますので、お時間のある方は読んでいって下さると嬉しいです。

PSDToolKitの導入②AviUtlの基本操作編

では、本日も張り切って覚えていきましょう。

まず、今回は↑上記リンク先の2限目の動画を参考にしてラーニングを行っていきたいと思います。

内容的にはAviUtlの基本操作みたいですが、私が教わっていない手法もあるので使えるものは色々と覚えていきたいです。

とりあえず一通り視聴してみた所、私が知らなかった手法で一番使いそうなのは『シーンチェンジ』ですかね。

AviUtlのタイムライン上で右クリックして『フィルタオブジェクトの追加』→『シーンチェンジ』を選ぶとタイムラインにシーンチェンジというオブジェクトが生成されます。

それをタイムライン上のシーンとシーンの繋ぎ目に配置して↑上記画像のようにパラメーターから使いたいエフェクトを選択すると↓下記画像のようなアニメーションを付ける事ができるようです。

これは発光というエフェクトを選択していますが、他にも種類がたくさんあるのでシーン間の演出をしたい時に色々と試してみようと思います。

次に使いそうなのは『アニメーション効果』ですね。

こちらは、その名の通り動画や画像なんかにアニメーションを付ける事ができるエフェクトとなります。一応、前に師匠にさらっと教えられた事があるんですが普通に忘れかけていたので、備忘録がてら、やり方の方を記述していこうと思います。

使い方としてはエフェクトを付けたいオブジェクトを左クリックで選択して、キーボードの『E』を押すと下記のような長ったらしい一覧が出現しますので、下の方にある『アニメーション効果』を選択します。

↓下記画像のようにパラメーターにアニメーション効果が追加されますので、使いたいものを選択して必要があれば数値の方を変更します。

すると、↓下記画像のようにオブジェクトにアニメーションが付加されます。

デフォルトでも種類はたくさんありますが、外部のスクリプトを入れれば膨大な数のアニメーション効果を得られるとの事ですので、今後使えそうなやつを見かけたら紹介していこうと思います。

ってな訳で、2限目の動画を終えましたので次にいこうと思います。

PSDToolKitの導入③口パク、目パチ、字幕生成編

では、3限目のラーニングという事で↓下記リンク先の動画を参考にしていこうと思います。

う~ん。この3限目の動画はPSDToolKit上での立ち絵の目パチ、口パク&字幕生成の方法を解説されているのですが、物凄く複雑な構造をしております。

はっきり言って、私自身あんまり理解できていないのでブログ上で説明が出来ないという異例の事態が起こっていたりするのですが、師匠達の話では3限目の動画は基礎知識として説明しているだけで、後半の解説でもっと効率的で簡単な方法を教えているから、別に深く理解しなくても良いとの事です。

とりあえず解ったのは、メチャクチャ面倒な設定をしないと立ち絵の目パチ、口パク&字幕生成は出来ないという事実だけですね。

一応、↓下記の画像のように目パチ口パク&字幕生成はできましたが、あまりに設定が面倒臭いのでやるんだったらテンプレートを作成して流用できるようにした方が良いと思います。

ってな訳で、3限目の講座にして既に挫折しそうな感じですが、師匠達からは最終的に現時点で最適化されたフォーマットだけ覚えれば運用的に問題ないという回答を頂いておりますので、とりあえずスルーしていこうと思います。

読んでいる人にとっては全く為にならない記事となりましたが、誠に申し訳ございません。

私の精神力が限界ですので、本日はここまでとさせて頂こうと思います。

神音
神音

お疲れ様でした。

今回の経費&記事作成時間

今回の記事作成時間&支出

記事作成時間:約4時間(各種作業込み)

一応、立ち絵のまばたきや口パクやらを出来るようにはなりましたが、いまいち理解度が低くて使いこなすというレベルには全く到達していない感じですね。

一応、あと2~3日でPSDToolKitの習得予定ではありますが、厳しい予感がしてきました。

過去記事のリライトを進めようと思いましたが、精神的に疲弊したので今日はもう寝ます。

では、恒例の累計出費&記事作成時間を発表して今回は終わりにしましょう。

最後まで読んでくださった方はありがとうございました。

現在までの総制作時間&累計支出

総制作時間:約252時間 / 累計支出:43,040円

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました