ブログにニコニコ動画のムービーを埋め込む方法

ブログにニコニコ動画のムービーを埋め込む方法 神音の社動画関連
動画関連

イントロダクション

今回はニコニコ動画にある動画をブログに埋め込む方法を記述していこうと思います。

↑要は、こんな感じでブログ上で動画を見る事ができるようにしようという訳ですね。

YouTubeとかだとWordpressにURLを入れるだけでブログに動画が埋め込まれるんですけど、ニコニコ動画の場合は専用のコードを入れないと出来ないようです。

ってな訳で、今回はその方法を記述していこうと思います。

短い記事とはなりますが、良ければ読んでいって下さいませ。

宜しくお願い致します。

ニコニコ動画をブログに貼り付ける方法

では、さっそくニコニコ動画をブログに埋め込む方法を記述していきましょう。

手順①ブログに貼り付けたい動画のページに移動します。

手順②コメント欄の右上にある『共有』ボタンを押します。

↑赤枠の中にある点と線を繋ぐアイコンをクリックして下さい。。

手順③各種設定をします。

↑ブログに動画を埋め込む場合は『プレイヤー埋め込みコード』にチェックを入れて下さい。

特定のシーンから開始したい場合は『動画の開始位置』にチェックを入れて、該当する時間を指定して下さい。あらかじめ開始位置にまで動画を再生して一時停止していれば、手順②のボタンを押した段階で自動的に時間が入力されますが。

貼り付けサイズ』は大中小の3つのサイズから選べますので、好きなものを選択して下さい。

手順④貼り付けコードを取得します。

↑最下部にある『コードをコピーする』をクリックして下さい。

手順⑤WordPressの場合はカスタムHTMLにコードを貼り付けます。

↑ブロックエディタからウィジェット→『カスタムHTML』を選択して、その中に先程コピーしたコードを貼り付ければ終了です。

↑特に問題なければ、こんな感じでニコニコの動画がブログに埋め込まれると思います。

以上です。

この記事を書いている時点では、ニコニコ動画はプレミアム会員にならないと視聴者が多い時間帯に大幅な画質低下が起こるらしいですが、不具合ではなく仕様です。

YouTubeよりも設備が貧弱なので仕方がありませんね。

ちなみに、なんでいきなりニコニコ動画に関する事を記事にしたのかというと、数か月後に立ち上げ予定のYouTubeの新チャンネルの動画をニコニコ動画にも投稿する事になったからです。

別にYouTubeだけで活動しても良いような気がしますが、師匠達が『通過儀礼』的にやっておいた方が経験になると言っていたので、そっちでも暫く活動してみる事になりました。

まあ、動画内容は大体一緒で大丈夫らしいので、手間はあんまりかからないみたいですしね。

ってな訳で、本日はここまで。

お疲れ様でした。

スポンサーリンク

今回の記事作成時間&経費&日記

今回の記事作成時間&支出

記事作成時間:約7時間
(#15動画作成5時間含む)

15作目の動画が、そろそろ完成しそうな感じです。

あとは音楽入れて微調整するだけなので2~3時間もあれば終わりそうですね。

今回の動画は短めだったので、すぐ完成するかと思ってましたけど、よく解らない偉人の歴史を調べるだけで結構時間がかかってしまいました。

では、恒例の累計出費&記事作成時間を発表していきますね。

お時間のある方は次項も読んでいって下さいませ。

現在までの総制作時間&累計支出

総制作時間:約1189時間
累計支出:47,082円

スポンサーリンク

本日のオススメ商品『異世界おじさん』!!!

今回ご紹介する商品は私の師匠オススメの漫画『異世界おじさん』です。

いわゆる『異世界転生もの』の漫画となります。

ただ、普通の作品と違って色々と主人公のおじさんの思考回路がぶっとんでいるので、通常のテンプレみたいな展開にはならないのが特徴ですね。

物語としては、17年前に異世界に放り出されて迫害されながら必死に生きてきたおじさんが現実世界に帰還した時点から話が始まります。

現実に帰ってきた主人公は職がないので、異世界で身に付けた数々の魔法を駆使して甥っ子と一緒にユーチューバーとして生きていく事になったりするんですが……人外の戦闘能力の他にも過去を見る能力とか持っているので、違う職業をした方が儲かりそうな気がします。

そんな生活の中で、たまにおじさんが思い出したように異世界の事を甥っ子達に語るといったパターンで話が進んでいく感じですね。

おじさんの絵とか、恐らく意図的にヤバイ作画になっていますので、そのへんに好き嫌いが出るような気がしますけど、個人的には非常に面白い作品でした。

アニメ化もされるらしいので、結構楽しみだったりします。

かなりギャグ寄りですが、既存の異世界転生ものと一線を画す作品となっているので、お時間のある方は読んでみては如何でしょうか?

興味のある方は↓リンク先より購入して頂けると大変ありがたいです。

宜しければ、ご購入の検討をお願い致します。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました