【AviUtl】ゲームのエフェクト素材を使用する方法

【AviUtl】ゲームのエフェクト素材を使用する方法 神音の社AviUtl関連
AviUtl関連

イントロダクション

今回はRPGツクールなんかのゲームに使用される2Dのフリー素材のエフェクトをAviUtlで使えるようにしようといった感じの記事となります。

↑こんな感じのエフェクトですね。(サンプルは風のエフェクトです)

↑ツクール系のゲームでは、こういう『キャラクターチップ』などと呼ばれる特殊な形式の一枚絵のグラフィック画像を使用してキャラとかを動かすみたいなのですが、これを分解して連番ファイルに変換する事でAviUtlでも使えるようにしようという訳ですね。

今回使用したサンプルは↑こちらからお借りしております。

つまり、使えるエフェクトの幅が広がる訳ですわね。

思ったよりも簡単にできますので、お薦めです。

ゲームという媒体の特性上、戦闘系のエフェクトが多いですが、色々と動画の演出等には使用できると思いますので覚えておいても良いんじゃないかと思います。

興味のある方は読んでいって下さいませ。

宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

ゲームのエフェクトチップ素材を使用する方法

画像分割用のフリーソフトの導入方法

まずはエフェクト画像を自動分割してくれるフリーソフト『PL_ImageConstructor』をダウンロードしてきましょう。

↑こちらからリンクを辿ってZIPファイルをダウンロードしてきて下さい。

↑ファイルを解凍するとこんな感じになっています。特にインストール作業とかは必要ないので『PL_ImageConstructor.exe』をダブルクリックすればソフトが起動します。

exeファイルをダブルクリックしてみて、こういうウィンドウが出てきたら導入終了です。

チップ画像の分割方法

では、先程導入したソフトを使って画像の分割をしていきましょう。

手順①PL_ImageConstructor』を起動して『分割』タグに移動します。

↑上部にある『分割』タブをクリックして下さい。

手順②使用するエフェクトのチップ素材を『PL_ImageConstructor』のウィンドウに放り込みます。

↑先程も紹介しましたが、今回使用するチップ素材はこちらからお借りしています。

↑サンプルとして、私はこちらの画像を使用する事にします。

手順③分割数の設定をしましょう。

↑右上にある『横方向に分割する数』と『縦方向に分割する数』に数値を入力します。

先程のサンプル画像の場合は横に10列なので『10』、縦に1列なので『1』を入力して、下にある『分割画像の作成開始』ボタンを押して下さい。

保存場所を聞いてくるので、適当なフォルダを作るなりして好きな場所に分割画像を保存します。

↑保存完了すると、こんな感じで10個の画像に分割保存されます。

では、最後にこの分割画像を使って連番アニメーションを作成していきましょう。

連番素材を一括で読み込んで動かす方法

↑基本的にはこちらの記事と同じやり方ですね。

手順①AviUtlを起動して新規プロジェクトを作ります。画像サイズは適当でいいですが、私は1920×1080で作成する事にします。

手順②タイムラインに『動画ファイル』のオブジェクトを生成します。

↑タイムライン上の何もオブジェクトがない所を右クリック→『メディアオブジェクトの追加』→『動画ファイル』を選択します。

手順③動画ファイルの設定ダイアログから連番ファイルを読み込みます。

↑設定ダイアログの『参照ファイル』をクリックして、使用する画像ファイルを選択します。

↑先程作成した連番ファイルの中から始点となるファイルを選択しましょう。連番の途中からの読み込みも可能ですが、普通は一番小さい数字のものを指定します。

ファイル選択をした後に『開く』ボタンを押せば、設定完了です。

↑これで始点から終点までの全ての連番ファイルを動画ファイル内に読み込む事ができました。あとは通常のアルファチャンネル付きの動画ファイルと同じ扱いをすればいいだけです。

↑最後に設定ダイアログから『アルファチャンネルを読み込む』にチェックを入れておきましょう。これをやっておかないと周囲が透明になりません。

ループ再生させたい場合は『ループ再生』にもチェックを入れておきましょう。

アニメーションの速度を調整したい場合は『再生速度』の数値を変えて下さい。数値を上げると速くなって、数値を下げると遅くなります。

↑完成するとこんな感じになります。

以上です。

同様の手順でゲームのエフェクトをAviUtl上で使用可能になりますので、演出の幅を増やすという点においては覚えておいても損はないと思いますよ。

キャラクターチップとかはGoogleあたりで検索すればフリーのものが相当量見つかるので、適当に探してみて下さい。

では、本日はここまで。

お疲れ様でした。

他のAviUtl関連の記事はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

今回の経費&日記&記事作成時間

今回の記事作成時間&支出

記事作成時間:約4時間

この前バリューコマースから動画配信のHuluへのアフィリエイト提携の申請をしてみた所、断られてしまいました。

いや~、このブログを始めてからGoogleアドセンスを筆頭に100件近いアフィリエイトの提携申し込みをしてきましたが、断られたのは初だったりします。

他は全部一発合格してたので、油断してましたわ。

もしかしたら、ライバルのU-NEXTのアフィリエイトを貼りまくっていたせいかも知れません。

まあ、何か対策して再申請すればいいかなと思ってたんですが、バリューコマースは一度断られた案件は二度と申請できないらしいんですよねー。

ってな訳で、他のASPに登録してからじゃないとHuluへの再申請ができなくなりましたが、そこまでして提携したい訳でもないので、さっさと諦める事にしました。

皆さんもバリューコマースから提携申請する時は気を付けて下さい。

軽い気持ちで申請したら二度と再申請できなくなりますので、事前にある程度は対策を立ててからやった方が良いです。

では、恒例の累計出費&記事作成時間を発表していきますか。

お時間のある方は次項も読んでいって下さいませ。

現在までの総制作時間&累計支出

総制作時間:約1481時間
累計支出:58,882円

スポンサーリンク

本日のオススメ商品『宇宙戦艦ティラミス』!!!

今回ご紹介する商品は、私の兄弟子オススメの漫画『宇宙戦艦ティラミス』です。

2015年~2020年にかけて連載されていたオリジナルのロボ漫画ですね。

全10巻で完結済みなので、一気読みするには丁度いい感じの長さなんじゃないかと思います。

2018年に2期に渡ってアニメも放映されていたそうで、そちらも非常に面白かったのでお薦めです。

内容としては人類とメトゥスの民という団体が宇宙戦争をしている中で、コックピット依存症の人類側のエースパイロットが大真面目に頭がおかしい行動を起こしていくといった感じの物語ですね。

まあ、上記に貼ってあるアニメのPVを見て貰えれば解るように、シリアスな作品では全然ありませんので、ロボ要素はおまけみたいなものだと思って下さい。

コックピット内で串カツを食べようとして大惨事を起こしたり、大気圏突入の際にネットの知恵袋に助かる方法を尋ねたりといった破天荒な内容が大半なので、そういうシュールなギャグが好きな人にはオススメです。


↑すぐに読みたい方はeBookJapanの電子書籍版がオススメです。初回50%OFFクーポンがついてますので、12冊までは半額購入できます。

週末クーポンや定期的なキャンペーンなども行っていますので2回目以降の購入でも定価よりは安く購入できると思います。


↑U-NEXTあたりにトライアル登録すればアニメの方は無料で1ヶ月ほど視聴できますので、興味のある方は見てみるのもいいと思います。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました