【Blender】初級編『ブーリアン』の基本的な使い方

【Blender】初級編『ブーリアン』の基本的な使い方 神音の社Blender関連
Blender関連

イントロダクション

今回は『Blender』の『ブーリアン』というモデファイアを使ってオブジェクトに穴とかをあける方法を記述していこうと思います。※この記事ではblender3.0を使用しています。

↑こんな感じで、オブジェクト同士が重なりあう場所に穴をあけたり、凹ませたりする時によく使います。

↑逆にオブジェクト同士が重なっている余計な部分だけを消して、綺麗な形状に結合する事もできますので、ポリゴンの数を減らしたい時にも活躍します。

これは非常に汎用性が高いモデファイアですわね。

特に機械的なものをモデリングする時なんかに活躍します。

単純なものから複雑な形状の穴あけや、結合が可能となりますので、初心者~上級者までお世話になる機能だったりします。

最近はキャラモデリングをする際に髪を結合する時とかによく使う感じなので、備忘録がてら紹介していく事にしました。

ってな訳で、ブーリアンモデファイアの基本的な使用方法について記述していきますので、興味のある方は読んでいって下さいませ。

宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

Blenderにおけるブーリアンモデファイアの使い方

基本的な使用方法

とりあえず、基本的な穴のあけ方を記述していきます。

↑まずは穴をあけたいオブジェクトと、その穴となる形状のオブジェクトの二つを用意します。

上記のサンプルの場合は、大きな立方体に円柱状の穴をあけてみたいと思います。

↑円柱状のオブジェクトを穴をあけたい場所に移動させます。

次に、ブーリアンモデファイア―を使用しますので、穴をあけたい方の立方体をオブジェクトモードで選択状態にしておいて下さい。

↑画面右側にあるプロパティエディタから、スパナみたいなアイコンの『モデファイアープロパティ』を開き、その中にある『モデファイアーを追加』を押して下さい。

↑モデファイア一覧が表示されますので、その中にある『ブーリアン』を選択します。

↑今回は穴あけをしますので、『差分』を選択して、『オブジェクト』の欄にあるスポイトマークをクリックしてから、円柱を選択して下さい。

↑こんな感じでスポイトツール→円柱選択してから右上にある円柱の目玉マークを消すと、立方体の方に穴があいているのが解ると思います。

要するに立方体の粘土に円柱の棒を突っ込んで、それを抜いたら穴があく的な理屈だと思って頂ければ大丈夫でしょう。

↑ちなみにモデファイアのプロパティから『適用』を押すと、円柱をdeleteキーで物理的に消しても穴があいたままになります。※適用前に円柱を消すと穴も消えてしまいますので注意して下さい。

しかし、これをやってしまうと、その後に穴の位置を変えたりとかできなくなりますので、適用するなら全てのモデリングを終えた後の方が良いでしょう。

って事で、基本使用方法は以上となりますので、次項からは使いそうなパラメーターの記述をしていこうと思います。

交差

↑モデファイアプロパティから『交差』を選ぶと、オブジェクト同士が重なりあった部分だけ残るようになります。

↑こんな感じで立方体の中に円柱を入れてから交差を選択すると、オブジェクトが重なっている部分である円柱部分だけ残ります。

……私はあまり使った事がありません。

合成

↑モデファイアプロパティから『合成』を選ぶと、オブジェクト同士が重なりあった部分を消去して二つのオブジェクトが結合されます。

↑ワイヤーフレームにすると解りやすいような気がしますが、こんな感じで外形の部分だけがくっついてモデファイアを使った方のオブジェクトとして統合されるようになります。

ただ、上記のサンプルで言うと参考元のUV球は別オブジェクトとして普通に存在していますので、そちらのUV球の表示を消さないと結合したのが解り難かったりしますので注意して下さい。

差分

↑モデファイアプロパティから『差分』を選ぶと、オブジェクト同士が重なりあった部分以外を消去します。

↑このサンプルで言うと、立方体とUV球の交差した部分だけが残るようになります。

基本的なブーリアンのモデファイアの使い方は以上ですね。

他のパラメーターは初心者だと余り使わないので、この記事ではスルーしておきます。

穴をあけたり、複雑な形状に凹ませたり、外形だけを残して結合したりといった事が出来る、非常に便利な機能ですから、是非覚えておくと良いでしょう。

では、本日はここまで。

お疲れ様でした。

その他のblender関連の記事はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

今回の経費&日記&記事作成時間

今回の記事作成時間&支出

記事作成時間:約4時間

今回は特に書くような事がなかったので、最近師匠達に薦められて見た『住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー』というアニメの感想でも記述していきましょう。

2003年に全12話で放映されたアニメ作品で、原作は同名のライトノベルらしいです。

最初はBGM代わりに作業をしながら横目で視聴してたんですけど、約20年前の作品にしては異常に作画レベルが高く、内容も中盤のホラー回以外は非常に面白かったので徐々に惹きこまれていきました。

内容に関してはタイトルでも解るように、基本的にはギャグ作品ですね。

癖が強い色物のヒーロー二人と敵の犯罪者達が正体を知らずに同じ屋根の下で住みながら親交を深め、すれ違いを繰り返していくというお笑い物語なんですが、最後の方は割とシリアスっぽく共闘していくという感じになっております。

いや~、何かギャグ作品の割に作画レベルが異常に高いと思ってましたが、作ったのが鬼滅の刃とかを作っている製作会社だったらしいですわ。

この頃から技術力が高かったんですねー。

パロディも地味に多く、修行をする為にギアナ高地に主人公が行こうとする所でGガンダムを思い出して爆笑しましたわ。

笑いもあり、ラスト付近のシリアス展開も悪くない上にハッピーエンドで終わりますので、非常にストレスフリーに見れました。

個人的にお薦めですので、時間がある人は視聴してみても損はないと思いますよ。


↑U-NEXTあたりにトライアル登録すれば無料で1ヶ月ほど視聴できますので、興味のある方は見てみるのもいいと思います。

では、最後に恒例の累計出費&記事作成時間を発表していきましょう。

現在までの総制作時間&累計支出

総制作時間:約1783時間
累計支出:60,962円

スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました