【AviUtl】動くメッセージウィンドウの作り方

動くメッセージウィンドウの作り方 神音の社AviUtl関連
AviUtl関連

イントロダクション

今回はAviUtlで『動くメッセージウィンドウ』の基本的な作り方を記述していこうかと思います。

↑例としては、このサンプル画像の下部に使われているメッセージウィンドウみたいなやつですね。

私が自分で使う用に作ったウィンドウはニコニ・コモンズで配布してますが、他の自分好みの背景を使いたいという人は自作した方が良いので、ブログのネタ&備忘録がてら作成方法を書いていこうかと思います。

画面上の賑やかしには使えそうですわね。

背景の入れ替えも可能なので汎用性は高いんじゃないかと思います。

作成に関しては手順が地味に多くて面倒なだけで、作業自体は単純ですからそんなに難しくありません。AviUtlの基本操作が解れば大丈夫だと思います。

ってな訳で、AviUtl初心者向けの記事となりますが、興味のある方は暇潰しに読んでいってくださいませ。

宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

動くメッセージウィンドウの作成方法

具体的な作成方法

今回はAviUtlの基本機能だけを使用して作成をしますので、特殊な外部スクリプトとかは必要ありません。……って事で、さっそく作っていきましょう。

手順①AviUtlを起動して新規プロジェクトを作ります。

AviUtlを起動して新規プロジェクトを作ります。

↑拡張編集のタイムライン上で右クリックすると、上記のウィンドウが出てきますので『新規プロジェクトの作成』を選択して下さい。

↑新規プロジェクトの作成用ウィンドウが出てきますので、好きなように設定してOKボタンを押して下さい。

※フレームレートを上げると滑らかに動くようになりますが、動画の容量も上がりますので注意して下さい。私は適当に30くらいで設定してますが、激しい動きをする動画を作りたい人は60くらいでも良いと思います。

↑あとで要らない部分を切り取ってリサイズしたい場合は、こちらの記事を参考にしてトリミングしてみて下さいませ。

手順②レイヤー1に図形オブジェクトを生成します。

まずはメッセージウィンドウの全体的な形状を図形オブジェクトで作りましょう。

↑こんな感じの外形部分ですね。

↑タイムライン上のオブジェクトが何もない場所をクリック→『メディアオブジェクトの追加』→『図形』を選択して下さい。

図形オブジェクトが生成されますので、レイヤー1に置いておいてください。オブジェクトの長さは最終的に後述するレイヤー3と同じ長さにしますが、この場では適当で良いです。

次に、この図形オブジェクトに角を丸める為の設定をしていきます。

↑設定ダイアログ右上にある『+』マークを選択して、出てきたリストの中から『境界ぼかし』と『縁取り』を追加して下さい。

↑パラメーター設定はこんな感じにして下さい。オブジェクトの色は白です。

↑ここまでで角が丸くなった長方形が出来たと思います。

↑で、最後にこのレイヤー1の図形オブジェクトをレイヤー2にコピー&ペーストしておいて下さい。

※レイヤー1が縁取りに使うオブジェクトで、レイヤー2が背景透過用に使うオブジェクトとなっております。装飾用の縁取りが要らない場合はレイヤー2だけあれば良いのでレイヤー1は消しても大丈夫です。

手順③レイヤー1に縁取り設定を追加します。

レイヤー1の図形オブジェクトに装飾用の新たな縁取りを追加します。

↑設定ダイアログ右上にある『+』マークを選択して、出てきたリストの中から『縁取り』を追加して下さい。

↑設定ダイアログの一番下に縁取りが追加されますので、好きな色に変更して縁取りのサイズを自分好みに設定して下さい。

↑私は青系統の縁取りにしましたが、何でもいいです。何だったら、もう一つ縁取りを増やして二重にしても大丈夫ですので、自分のセンスで良さそうな感じにして下さい。

手順④レイヤー3に背景用の動画を入れてクリッピングします。

↑私は自分で作ったこれを使いますが、別に他のものでも大丈夫です。

一応、背景に関しては私が配布している素材に似たようなのが色々ありますけど、ニコニ・コモンズpixabayあたりで適当に好きな背景動画を見つけてくるか、自分で好きな背景を作ってみても良いと思います。

なるべくループ動画を使った方が楽だと思いますが。

好みの背景が見つかったら、レイヤー3に放り込んでクリッピングをしましょう。

※レイヤー1&2はレイヤー3と同じ長さに調整して下さい。

↑レイヤー3を選択状態で右クリックすると一覧が出てきますので、『上のオブジェクトでクリッピング』を選択して下さい。

↑この段階でこんな感じになっていると思います。

まあ、これで完成でも良いんですがレイヤー4に装飾用のレイヤーを作りましょう。

手順⑤レイヤー4にグラデーション用のレイヤーを作成します。

↑ゼロから作るのも面倒なので、まずはレイヤー2の図形オブジェクトをレイヤー4にコピー&ペーストして下さい。

レイヤー4の図形オブジェクトに装飾用の効果を追加します。

↑設定ダイアログ右上にある『+』マークを選択して、出てきたリストの中から『斜めクリッピング』を追加して下さい。

↑設定ダイアログのパラメーターはこんな感じになります。あと透明度を20程度にする事で背景部分が透けて見えるようになります。

↑これで左側に白いボケが出来ますので、何もないよりはカッコよくなったと思います。

基本的な製作方法としては以上となりますね。

↑レイヤー2の背景動画を入れ替えるだけで色々と雰囲気が違うものが作れますので、汎用性はそこそこ高いんじゃないかと思います。

↑今回やった事を応用すれば、背景+桜吹雪が舞うメッセージウィンドウといった複合品も作れますので、色々と試してみて下さいませ。

って事で、本日は以上となります。

ここまで読んで下さってありがとうございましたわ。

他のAviUtl関連の記事はこちらからどうぞ。

他のAviUtlプラグイン紹介記事はこちら

AviUtlスクリプト紹介記事はこちらです。

最短1ヶ月で動画編集スキルが身につく!【クリエイターズジャパン】

高成約率!ハイクオリティな動画編集オンライン講座【レバレッジエディット】

スポンサーリンク

今回の経費&日記&記事作成時間

今回の記事作成時間&支出

記事作成時間:約4時間

新たな立ち絵の方なんですが……大体の作成は終了し、少し寝かせて時間を置いてから微調整&最終的な塗りをするという段階まできましたので、次は動画で使用するテキスト関連のエイリアスを大量に作る事になりました。

↑要するに、こんな感じの切り抜き動画とかで使われている装飾テキストの作り方を研究してテンプレートを作っていこうという訳ですね。

一部、どうやって作っているのか解らないものもありますけど、マネできる所はやっていきましょう。

次回あたり、幾つか作り方を記述していこうかと考えております。

流石にいっぺんに記述するのは大変そうなので、2回ぐらいに分けて記事にしようかと思っておりますが……あくまでも予定なので1回で終わる可能性もありますし、逆に3回以上の記事になる可能性もあったりします。

それが終わったら動画で使用する素材の作成も始めないといけませんし、地味にやる事が多いですわ。

って事で、本日は以上ですね。

最後に恒例の累計出費&記事作成時間を発表して終わりにしましょう。

現在までの総制作時間&累計支出

総制作時間:約2112時間
累計支出:72,842円

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました